はじめまして、ひだまりテラスです

この度は、ホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。昨年8月に新規オープンして早や8か月、あっという間に2年目の平成31年度を迎えるというのが正直な感想です。

ひだまりテラスは、北九州市の中心で道路網の拠点といわれる紫川インター近くに位置します。近くには買物や飲食が気軽にできる「サンリブきふね」が、また、西鉄バス停「貴船町」からも約500mで、田園風景が広がる場所ではありませんが、利便性の面からこうした都市型施設への需要が北九州市でも徐々に高まっているように思われます。

ひだまりテラスは、現在、特別養護老人ホームで約80名、看護小規模多機能で10数名の利用者様がおり、職員数は70名を超えています。この大規模な施設をこうして無事に運営できるのも、ひとえに、利用者様、家族様、地域の方々からの御支援の賜物と心より感謝しております。この場を借りまして厚く御礼申し上げます。

私たちが仕事をする「介護」という業種。一般的に考えると、高齢者のお世話をするという感が強いですが、ひだまりテラスの平成31年度の方針は、『思考と伝達、共感と責任、それがひだまりテラスのチームケア』です。私たちは、利用者様一人ひとりの個性やリズムに沿って、その方の「ごく普通の暮らし」を支援してまいります。毎月の介護勉強会や施設内研修をさらに充実させ、介護も看護も栄養も事務も、全職員がチーム一丸となって利用者様にしっかり寄り添う施設を目指します。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

もう少し「介護をする」ことにどういう意味があるのか考えてみましょう。 施設を利用されている方々は、高齢者として一括りにされがちですが、考えてみると年齢だけでも一人ひとりに大きな差があります。ひだまりテラスでは、最年長の100歳を超えた方や逆に60歳代の「若い」方もおられます。親子以上に年の離れた方々が一緒に生活をされているということです。 大正生まれ、昭和生まれで、その人生観には違いがあります。私たちは自然と「今の体調だけを見るのではなく、今まで生きてきた足跡を一緒に辿る」ことをしているのです。だから介護は奥が深いのです。

私たちはその方の人生に直接触れ、ひだまりテラスはその最終章を見届ける場所となります。人生最後の1ページ。私たちはどう書き込まれるのでしょうか。また言います。だから介護は奥が深いのです!

施設長  佐竹 賢二

お気軽にお問い合わせください。093-922-0222ご予約受付 8:30 〜 17:00(平日)

お問い合せはこちら お気軽にお問い合わせください。